読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしみ日記

おかしみは、スパイス。

「自炊」は、まだ、ちょっと…。

iPadの発売をきっかけに、

電子書籍への注目度が

日に日に高まっていますが、

それにあわせて「自炊」という

キーワードも注目を集めているのを

ご存知ですか?

自炊といっても、

料理のことではありません。


電子書籍が云々…という文脈で

語られる「自炊」とは、

紙の本を断裁し、

本文を一枚一枚デジタルスキャンして

PDFデータを作ること。

データをiPadiPhoneに入れれば、当然、

どこにでも持ち運ぶことが可能になります。

つまり、紙の本をもとにして、

自ら電子書籍を作ってしまうことをさして

「自炊」と呼ぶのです。


しかしまあ、なんと手間のかかることを、

と思うのですが、これは電子書籍で読める

日本語の本がまだ少ないことから

生まれてきたアイデアでもあります。

個人で断裁機を購入しスキャンしている人もいれば、

断裁→スキャン→データ納品を請け負う会社まで

出てきているそうで、なんともまあ、

過渡期にありがちな現象というか、

頭が下がるというか。


で、ぼくはといえば、自炊に興味はあるものの、

その手間ひまを考えると、今ひとつ、

やる気にはなれません。

そこで何が起きているかというと、

すでに読んで面白かった本が、偶然、

電子アプリで発売されると、

つい買ってしまう、という状況に陥っています。


佐々木俊尚さんのこの本も、

とても気に入っているのですが、

アプリが出ると知り、つい購入してしまいました。

ちょうど、ノマドワークについて語っている本ですし、

iPhoneで読むのがとても似合うと思います。

iPhoneを持っている方は、ぜひ一度、

アプリを試してみてください(リンク)。

持っていない方は、新書で楽しみましょう!

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)