読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしみ日記

おかしみは、スパイス。

14日(日)は、京成津田沼で一箱古本市。

あさって14日(日)、京成津田沼で行われる「一箱古本市」に参加する。
前回参加した一箱古本市は、
一箱をカフェに預かってもらって1週間ほどかけて販売してもらう形だったが、
今回は、自分が売り子になって、道行くお客さんとコミュニケーションをとりつつ、
販売する形になる。
一箱をどんな本で構成するかも重要だけれど、
それにも増して、当日どんなふうに売るかが重要になってくる。


聞けば、
売り場のディスプレイに始まり、
図書目録やフリーペーパーを作って配る人もいれば、
本を買ってくれた人に雑貨をプレゼントする人なんかも、いるらしい。
それぞれに工夫をこらして売っているようなのだ。


さて、ぼくはどうしようか。
いま考えているのは、iPadを持ち込んで、
「なんちゃってデジタルサイネージ」をやろうかな、ということくらい。
本の紹介なんかをスライドショーにして流したら面白いと思うのだ。
ヒマなときには自分もiPadで遊べるしね。


さて、やるべき準備がまだまだあるぞー。
でも楽しみになってきたー。
売れるかな?というドキドキワクワク感は、
ふだん会社勤めのオフィスワークをしている身からすれば、
決して味わえない醍醐味なのだ。


古本に興味のある方、地域おこしのイベントに興味ある方、
ぜひ、足を運んでみてください。
ふつうの人たちが「店主」となって集う古本市は、
きっと個性にあふれていて面白いと思いますので。


⇒ 一箱古本市@津田沼「ワイがや通り」についてはコチラをご覧ください。

一箱古本市の歩きかた (光文社新書)

一箱古本市の歩きかた (光文社新書)