読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしみ日記

おかしみは、スパイス。

道路を封鎖して大宴会場に!?松戸の高砂通り酔いどれ祭りに行ってきた。

18日(土)は久しぶりに松戸に行ってきました。目当ては、今回で第4回目の開催となる「高砂通り酔いどれ祭り」に参加すること。なんでも、商店街の中にある一般の道路を「封鎖」して、そこで(路上で)自由に飲んだり食べたりできる空間を作っちゃう、というお祭りなんだそうで、「面白いことするなぁ!」と前からいっぺん行ってみたかったのです。果たして、その噂の高砂通りを訪れてみると…。

 

 

松戸駅の西口を出てペデストリアンデッキを降り江戸川方面に歩いてすぐのところに高砂通りはありました。あれ、ほんとに封鎖してる(^^)

 

 

 

何百メートル(※)あるんだろう、結構な距離が封鎖され、路上にはテーブルやイスがセッティングされていました。

※追記 実際は約150mとのこと。大げさに書いちゃいました。てへ。

 

 

 

さっそくビールをゲット。17時だからまだ明るい。明るいうちに飲み始めるビールは最高っす!>_<

 

 

 

受付でオリジナルのコイン(通貨単位はBEER。洒落てます)を購入し、お店のMAPをもらいます。コインは5枚セットで1500円。2セット、10枚のコインをゲットし、まずはコイン1枚を使ってビールと交換したのでした。

 

ビールを飲み始めたら、今度は料理が食べたい。さっそくMAPを手に、道路の両脇を囲むお店を探索します。いずれも、小さなお店ばかり。中には、カウンターわずか4〜5席しかない、ほんとに小さい(狭い)お店もあって、松戸のディープな居酒屋ワールドをのぞき見るうちに、すっかり愉快な気分になりました。

 

 

ホルモン福福の牛すじ煮込み。1コイン。

 

 

居酒屋ひよしの煮込み(ホルモン)。これも1コイン。

 

 

ともこのポテトサラダ。これも1コインでゲット。

 

このお祭りにやってきたお客さんは、コインを手にしながら道路の両脇に並ぶ居酒屋さんや中華料理屋さん、カフェ、バーをのぞいては、お目当ての料理やお酒をゲットするという仕組み。つまり、このお祭りは、商店街に古くからある個性的なお店とお客さんとが出会える、とてもいい機会になっているわけですね。「よくできた仕組みだわ!」と酔ったアタマでおじさんはその俊逸なアイデアに激しく感動したですよ。

 

 

 

日もとっぷりと暮れて、この賑わい。「こんな祭りがあるんだねー」と感心する声も聞こえたりして、おそらく地元の人なんかでも、初めて訪れたらきっとすごく楽しいお祭りなんだろうなと思いました。

 

 

 

 

 

音楽を楽しみ、地べたに座ってお酒を楽しむ。いやー、すっかりくつろいでしまいました。道路でこんなふうに遊べるなんて、とても贅沢な体験だよなぁと思った次第です。

ぜひまた行きたい、と思ったら、次回は7月20日(土)の開催予定とのこと。これは予定に入れなくては!そうそう、コインがまだ2枚手元に残っているので、それも使わないとです。

路上で大宴会、いっぺん体験してみると病みつきになりそうなヤバいイベントでした!

 

【よかったらコチラもどうぞ】

過去に書いた松戸関連の記事です。

SAVE TOHOKU in 松戸/トークイベント「福島原発と地震以降の思想」

東京仕事百貨から「東北」仕事百貨へ

MAD City Galleryにて