読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしみ日記

おかしみは、スパイス。

新潟駅南口から歩いて3分。新潟初のコワーキングスペースJELLY JELLY CAFE NIIGATAでコワーキングを初体験!

一緒にはたらく仲間が楽しいと、仕事は楽しい。こんにちは、すずよし(@rimbock)です。

巷で話題のコワーキングスペースに初めて行ってみた、その感想をレポートしたいと思います。お邪魔したのは、JELLY JELLY CAFE NIIGATA。さっそくフォトレポートからチェキラ!

JELLY JELLY CAFE NIIGATAがあるのは、ホテルターミナルインの一階。新潟駅の南口を出て、3分もかからない好立地。ふつうコワーキングスペースというと、ビルのワンフロアや一室を借りて営業しているケースが多いのかな、なんて印象をもっていました。でも、ここはホテルの中に入ってます。

ホテルの入り口に立つウェルカムボード。ちょっ、抗酸化陶板浴ゆらくのほうが目立ってるんですけど(笑)。陶板浴が利用できるのも、ホテルの中にあるJELLY JELLY CAFE NIIGATAならではですね。

さっそく、中へ。ホテルのエントランスを入ってすぐ左手にJELLY JELLY CAFE NIIGATAはあります。ん?これは朝食のバイキングなんかをやるスペースでは…?と一目でわかるスペース。聞けばやっぱり、朝食時に使われるスペースを、日中はJELLY JELLY CAFE NIIGATAとして借りているのだそうです。空きスペースの有効活用ですな。なるほど。

肝心のコワーキングスペースはこんな雰囲気。窓の外のちょっとした緑が目にやさしいです。お邪魔した今日は、ちょうどコワーキングの体験イベント開催ということで、土曜日にも関わらず(土曜日だから?)結構な数の人が集まっていました。フリーランスの方が多いのかなと思ったらそうでもなく、県庁ではたらく人や会社員の方、大学4年生の女の子、NPOの理事さん等々、多様な顔ぶれがそろいました。あと、帰省がてらひょこっと東京からやってきた人とかね。

一緒にいるとついついお喋りしちゃうという人は、奥にあるソファ席に移動して、作業に集中することもできます。

JELLY JELLY CAFE NIIGATAを運営されている河村さん(写真左)と唐澤さん。ちなみに今日は唐澤さんの27歳の誕生日。オメデトウゴザイマス!


それ以外の情報を列挙すると、
・利用料金は1日1000円。営業時間は10時〜20時。今のところ年中無休とのこと。
・もちろん、電源、Wi-Fiが自由に使えます。コーヒーもお代わり自由です。
・ちょっとだけ寄って使いたいという人も一杯数百円(たしか300円)で珈琲を頼めば利用OK。


新潟に住んでいる人はもちろんのこと、出張で新潟を訪れた際に立ち寄れるスペースとして、気軽に利用する人が増えるといいなあと思います。「異業種交流」というと言葉がカタイけれど、さまざまなバックグラウンドをもつ人が、偶然隣りあって話をしたり、お互いの仕事について話したりする、そういうことができる場所というのは、それだけでとても面白いと思うのです。新潟にも面白い人がたっくさんいるよ!と知ることができるだけでも元気や勇気がでると言うか。うん、また来たい。東京でもコワーキングスペースをいろいろ見てまわりたい。そう思った次第です。


【本の紹介】
コワーキングスペースやコワーキングという働き方について興味がわいた人には、こちらの本がオススメです。「パーティするみたいに仕事しよう」という言葉が印象的。新書なのでとても読みやすいですよ。

つながりの仕事術~「コワーキング」を始めよう (洋泉社新書y)

つながりの仕事術~「コワーキング」を始めよう (洋泉社新書y)