読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしみ日記

おかしみは、スパイス。

2010年も今日で最後。

新潟の実家に帰り、こたつに入りながら、

iPhoneを手に、この日記を書いている。

父親がテレビを見ながら、時折、

笑い声をあげている。

穏やかな年末だ。

今年を振り返る。ざっと、こんな感じだ。

・脱東京ゼミに参加。松戸を舞台にした、地域活性化の新しい風を肌で感じた。

・ランニングを開始。3月には多摩で10km、5月には鋸南町でハーフ、とレースに出場。完走した。

・ワールドカップサッカーを楽しんだ。松井大輔選手にすっかり惚れてしまった。

・父親が手術を受けた。癌の疑いのある腫瘍を胃から摘出したが、幸い、問題はなく、胸をなでおろした。

・転職をし、新しい環境で、新しい経験をいくつもした。例えは、ラジオCMのコピーを書き、収録までを経験するなど。

・様々なイベントに参加。興味のあるものには積極的に顔を出した。電子書籍、小山龍介さんのセミナー、後楽園でボクシング観戦、津田大介さんの講演、など。

・『減速して生きる』という本に出会った。著者の高坂さんにメールを送ってしまうほど、ぼくはこの本に感動した。半農半Xやミニマム主義という考え方にとても魅力を感じた。高坂さんから返信をもらえたのも嬉しかった。


ぼくの2010年は、いろいろと、

「動き」のある一年だった。

大きなところで言うと、転職があった。

27歳のときに中途入社し、

6年半はたらいた会社を辞めた。

そして新しい職場ではたらき始めた。

そんな大きな動きの裏側には、

人とのつながり、そして、出会いがあった。

不思議な縁が次々と生まれた一年だった。

そして、とてもいい具合に、流されていった一年だった。

流される、というのは、悪い意味じゃない。

縁が生まれたところには、すべて、

自分の行動があったからだ。

自ら動いたことで、様々な出会いが生まれ、

そこから、また、新しい流れが生まれた。

そんな流れを、心底、楽しんだ。

素敵な人にたくさん出会えた。

素敵な生き方やはたらき方にたくさん出会えた。

新しくやってみたいことも、いくつも見つかった。

この流れを、2011年も大切にしていきたい。

2010年、新しく出会ったみなさんとのご縁に深く感謝します。

よいお年を。