読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしみ日記

おかしみは、スパイス。

テーマを持って生きること、あるいは、個性について。

人生30年以上も生きてくると、
ああ、もう自分は自分でしかいられないよなあ、と
どこか諦めにも似た感想を抱いてしまうことがある。
小さい頃には、
こんなこともできる、あんなこともやれる、なんて、
人生は無限の可能性に満ちているのだ、なんて、思ってた。
それがいつの間に、
「自分は、もうこうとしか生きられないよなあ」
ということになってしまったのだろうか。


でも、まあ、それはいいのです。


諦め、という言葉は、
とても否定的なイメージを持って響くけれど、
ぼくは自分がいま書いた「諦め」という言葉を、
それほどマイナスなものだと意識して書いたわけではない。


ぼくは、これまで、こうとしか生きてこれなかった、
でも、それがぼくの人生なんだから仕方がない。
そしてそれは別段、悪くないと思っている。


それは今が満ち足りているから、とか、そういうことではない。
不満なんて、あげたらキリがないのだし、
人生、みんながみんな、テレビやニュースで見るような人たちのように
華々しく活躍してなんていうふうには生きられないのだから。


で、話は、テーマを持って生きよう、ということである。
こうとしか生きられなかったなあ、という気持ちの延長線上に、
そんな自分だからこそ、
どうしようもなく気になって仕方がなかったり、
なぜか分からないけど好きで、もっとこだわって
掘り下げてみたくなることがあったりする。
それは、個性なんだと思う。
こうとしか生きられなかった末に獲得した、個性。


だから、そういうものをもっと堂々と大切に、
テーマとして掲げて、生きてみようと思うんだ。
ぱっとしない人生かもしれないけど、
ぼくにはぼくだけの「一回きりの人生」しか与えられていない。
幸か不幸か、それはみんなに等しく一緒の条件だ。


掲げるテーマの内容に優劣はないし、
その掘り下げの度合にも、優劣なんて関係ない。
自分が気になるテーマを掘り下げて、
それを記録し、また掘り下げて、時には
考察を加え、さらなる深みにはまっていく。


そんなテーマがいくつかあると、個性はもっと
個性的なものになるんだろうな。