読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしみ日記

おかしみは、スパイス。

8/27(fri) MAD City Project オープニングパーティ(転載)

まちづクリエイティブの赤星さんからメールが届いた。
いよいよ、松戸を拠点に据えて、
クリエイターによる「脱東京」の
本格的なムーブメントを始めるみたい。
脱東京? なんのこっちゃ? という方も、
いっぺん足を運んでみるといいですよ。
カタイ頭をガツンと言わせてくれる
面白い発見とワクワクする出会いが待っているハズ。
27日(金)が今から楽しみだー!

以下、メールを転載します。

..........................................................................................

MAD Cityを目撃せよ。


マツドを、創造の場として再生させる
プロジェクトがはじまる。

MAD City Project オープニングパーティ
8/27(fri) 19:00-22:00
Entrance Free

..........................................................................................


都心に比べて、余裕ある空間を自由に活用できる松戸市を、
クリエイターやアーティストの拠点〈MAD City〉として
再生するプロジェクトが、この秋から始動します。

このスタートを記念し、多目的スペース"MAD City Gallery"の
こけら落としとなるパーティを開催します。

当日は、「地方発クリエイティブが面白い!」と題し、
倉敷発フリーペーパー「Krash japan」編集長を務めた赤星豊氏、
「自分の仕事をつくる」の著者である西村佳哲氏、
MAD City Projectをオーガナイズする寺井元一による
トークセッションを行います。
モデレーターはnumabooksの内沼晋太郎氏。

MAD City Projectは、すでに支援する
アーティストの選考やアトリエ物件探しが進行中。
嗅覚の鋭い人たちは、MAD Cityに注目し始めています。
「脱東京」の流れは、ここから加速する。

このパーティに参加して、
ぜひともMAD Cityを体感してください。

..........................................................................................

MAD City Project オープニングパーティ
8/27(金) 19:00-22:00
入場無料(ドリンク有料)

○19:00/オープン
○19:15-20:30/トークセッション
「地方発クリエイティブが面白い!」
西村佳哲(リビングワールド)×赤星豊(アジアンビーハイブ)
×寺井元一(まちづクリエイティブ)
モデレータ : 内沼晋太郎(numabooks)
○20:30-20:45/プレゼンテーション
「MAD City Projectの全貌」
寺井元一(まちづクリエイティブ)
○20:45-22:00/パーティ

企画製作: 株式会社まちづクリエイティブ

※当日のトークセッションを間近でご覧になりたい方は、
早めに会場に到着されることをおすすめします。

[会場へのアクセス]
MAD City Gallery
千葉県松戸市本町7-9
JR常磐線松戸駅 西口から徒歩2分
http://bit.ly/bMkEFl

[お問い合わせ]
まちづクリエイティブ
info@machizu-crearive.com

..........................................................................................

[出演者プロフィール]

西村佳哲
1964年東京都生まれ。リビングワールド代表。ウェブサイトやミュージア
ム展示物、公共空間のメディアなどのデザインプロジェクトの企画・制作
ディレクションのほか、多摩美術大学などでデザインプランニングの講義
やワークショップを担当。働き方研究家としても有名で、著書に「自分の
仕事をつくる」「自分をいかして生きる」などがある。
http://www.livingworld.net/

赤星豊
1963年広島県生まれ。アジアンビーハイブ代表。クリエイティブディレク
ター、ライター、写真家。東京でフリーランスのライター・編集者として
活動した後、倉敷発のアート系フリーマガジン「Krash japan」を創刊し、
編集長を務める。そのほか、小説「ポイズン」を上梓したり、写真家とし
てポートレート写真展「radius 4.2」や風景写真展示「more or less」を
開くなど、多彩な才能を発揮。現在、倉敷を拠点に活躍している。
http://www.krashjapan.com/

寺井元一
1977年兵庫県生まれ。まちづクリエイティブ代表。大学院時代にNPO法
人KOMPOSITIONを設立。アートからスポーツまでの新しい分野の表現
者を支援するために、公園・空き地やビル壁面などを活動の場として提供
するプロジェクトを運営。横浜・桜木町のグラフィティ描き替えをはじめ、
数多くのプロジェクトを手がける。2010年、まちづくりとクリエイティブ
の融合をめざした新会社、まちづクリエイティブを設立。

◎モデレーター
内沼晋太郎
1980年生まれ。numabooks代表。ブックコーディネイターとして、セレ
クトショップで販売する書籍コーディネイトを中心に、書籍売場やライブ
ラリーのプロデュース、本の企画制作、書店や出版社のコンサルティング、
電子書籍関連のプロデュースなどを手がける。 さらにクリエイティブディ
レクターとして、紙媒体やデジタル媒体と、イベント、ショップなどのリ
アルスペースを横断するプロジェクトをオーガナイズ。著書に「本の未来
をつくる仕事/仕事の未来をつくる本」がある。
http://numabooks.com/

ちなみに西村さんといえば、この本。

ぼくはこれを読んで、「本当に仕事する」って

一体どういうことなんだろう、と考え始める

きっかけをもらいました。

今でも折に触れて読み返す、とっておきの本です。

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)

そして、内沼さんといえば、この本。

仕事の未来、について考えたい人、

本の未来、について考えたい人、

どちらにもオススメです。

本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本

本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本