読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしみ日記

おかしみは、スパイス。

方法論はたいせつだ

今年に入ってから、ランニングをはじめました。

体力づくりを目標に、

近所の川沿いをゆっくり走ることからはじめ、

3月には10kmマラソンに参加し、

5月にはハーフマラソンに挑戦。

いずれも完走でき、自分でも驚きました。

そうなると、フルマラソンに挑戦したくなります。

(今月から東京マラソン2011のエントリーが始まりましたね)


フルマラソンを走る、となると、

相当の覚悟だけでなく、やはり、ふさわしい練習方法が

あるのではないかと思ってしまいます。

これまでは、自分のペースでただ走る、を

繰り返してきたのですが、

今度は、何かしらのトレーニング方法を身につけたい。

そこで見つけたのが、この本です。

Qちゃん(高橋選手)を育てたことでも有名な

小出監督が書いた本です。


タイトルからして、ぼくには十分、刺激的。

漫然と走っててもマラソンは完走できないよ、と。

完走するには、「ゆっくり」「速く」「長く」を

意識したトレーニングが必要だぞ、と。


なるほど、やっぱり方法論を知った上で、

それにもとづいた練習が必要なんですね。

これを読んだら、あとは練習あるのみ。

フルマラソンへの挑戦、楽しみになってきました。

マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ (角川SSC新書)

マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ (角川SSC新書)