読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしみ日記

おかしみは、スパイス。

ヘッドフォンを比較するのは難しい。

●時がたつのは早いもので、フィリップスの「ヘッドフォンマラソン 2010」の第2弾製品が届きました。

●今回もインナーイヤー型のタイプ。前回届いたSHE9755がホワイトだったのに対し、今回はブラックが届きました。

●付属しているのは、「大中小と3種類のイヤーキャップ」「イヤーキャップだけが収まる小型のケース」「ヘッドフォンを入れるポーチ(小さな巾着袋)」「延長ケーブル」。個人的には、小型のイヤーキャップケースが好きで、ヘッドフォンを鞄にしまう際には必ずケースに入れるようにしています。イヤーキャップが外れて鞄の中で行方不明になるの、イヤですものね。

●さて、早速の試聴です。前回同様、くるりの「ばらの花」を聴いてみます。前回と比べて、ベースが少しだけこもって聞こえる気がする…それだけ低音がきいているということなのかしら?などと思ったのですが、どうでしょうか。さらに、これも前回同様「love the world」を聴いてみます。んー、冒頭のシンセリフもスネアの音もクリアに聞こえる、そしてあの特徴的な野太いシンセベースもずんと来る。でも、なんだどこか軽い気がするなんだなー…。やはり前回のSHE9755と比べると、今回の9500は物足りない気がします。なぜなのか?

●思いつくのは値段の違い、くらい。前回のSHE9755が6980円なのに対し、SHE9500は2981円(アマゾンではいずれの価格ももっとかなりお安くなってますね)。そりゃ、9755のほうが音の質も上なんじゃないか、などと思ってしまいます(もっとも、9755にはiPodコントロール機能もついていますが)。なので、ヘッドフォンにそんなにお金をかけないぞ、という人にはSHE9500がいいのではないか、というのが、今回の感想です。ちなみにSHE9500は、アマゾンで見てみると1720円です(5月9日現在)。この値段で、これだけ低音がきいて、バランスよく聴けるのであれば、十分じゃないかしら。で、お金に余裕がある人には、SHE9755をすすめちゃいます。

●フィリップスが展開している50周年キャンペーンサイトはこちらです。ぼくがおすすめするSHE9755のプレゼント企画もあります。お金はかけたくないけど、SHE9755を使いたいな、という人には応募することをおすすめします。あたったら嬉しいものね。

PHILIPS インイヤーヘッドフォン SHE9500

PHILIPS インイヤーヘッドフォン SHE9500